So-net無料ブログ作成

福岡ミカン農園 岡本さんの徹底抗戦を弁護してみた! [社会問題]

169.ミカン畑.jpg
*写真はイメージです。


スポンサードリンク







久しぶりに徹底抗戦をしている人を見た。行政代執行はあそこまでできるのか?行政の力は思いのほか、人までも排除できる権限を有しているのかとその威力を思い知った。


ミカン農園の岡本さんは、ベニヤ板製のバリケードを立て、籠城。複数の県の関係職員から担ぎ出さられ、まるで、めでたくない胴上げしている様子がテレビに映し出された。

それでも岡本さんは毅然とし、先祖から受け継いだ土地を守る、みかんを守るために徹底抗戦をしてきた、その魂に賛辞を送りたい。

いまのご時世、徹底抗戦の構えを見せるのは沖縄の辺野古地区などを筆頭に各地で見られることだ。そんななか、岡本さんが、所有する土地が、東九州自動車道の北九州市-宮崎市の間で唯一の未開通区間、椎田南インターチェンジ-豊前ICの真上にあり、用地明け渡しに応じていなかった。

そこだけ、工事できていないため、唯一の未開通の場所だった。そこの工事が済めば東九州自動車道が完成する。そうすることで人の流れができ、経済効果は相当なものだろう。だから、岡本さん一人の徹底抗戦は、この工事をこじらせてしまった。

でも、考えてみてほしい。彼の徹底抗戦までせざるを得なくなってしまった、追い込んでしまった、社会構造に問題がないか。

岡本さんは、ただ、自分の土地を渡したくないといっているのではなく、自分で調べて代替え案を提示して、計画の再考を促したりもしている。また、大切に育ててきたみかんの木に必要な水脈がたたれてしまうことも危惧して水源の調査なども調べ因果関係を明らかにしようとしている。

そんな、岡本さんのしてきた対応は間違っているのか、それを聞き入れようとする柔軟な社会なのかは、疑問が残る。

岡本さん世代は、戦後復興のために必死で生きてきた人々の内のひとりのはずだ。高度成長期を支えてきた方の一人のはずだ。

現在は、合理的で効率的を優先し、人の心、気持ち、魂をなおざりにしてはいまいか。テレビで岡本さんの胴上げ姿や、仮に建てられた岡本城の陥落も高度成長期を支えてきた老人にすることだったのか。

岡本さんが担ぎ出される時、中島みゆきの世情が僕のなかでは流れた。昔あった、金八先生のなかで、加藤優が警察に連れていかれている姿とかぶった。

なんか、涙がでた。今の時代は、人の心を大切にする時代のはずだ。そう信じたい。



中島みゆき/愛していると云ってくれ







【今の職場で消耗してますの?別の選択肢もありますよ】

Winな女性の転職『ウーマンウィル』人材紹介のマイナビエージェ ント


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ転職サービス


日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」


あなたの気に入るかもしれない求人情報


フリーエンジニア5日以内に案件決定!【ギークスジョブ】



【迷うことなかれ、行けばわかるさ!次の道を選んだら…】

正社員求人へのご応募はこちらから【mane求人】


関東で140店舗以上展開!リラクで一緒に働きませんか?【Re.Ra.Ku】


公認会計士・税理士・経理の転職求人情報なら【ジャスネットキャリア】


フリーランスエンジニアのお仕事探しならAsianBridge





今のブログランキングは何位? ↓↓↓
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村


40代サラリーマン ブログランキングへ

40代にしてYoutuberになれるか実践中…。よかったら、チャンネル登録よろしくお願いします。↓




スポンサードリンク





スポンサードリンク















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。